スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
干してみよう夏野菜。
プチトマトやロケットトマト、桃太郎や越のルビー、
品種もいろいろお手軽にできちゃうトマト栽培。
家庭菜園で作っている方も多いですし、最近はもっとお手軽なやり方も・・・。
ホームセンターで販売している培養土の袋の底に水はけ用の穴をあけ、
ひっくりかえしたら、袋の上部を切りおとし袋の口を開けます。
そこにトマトの苗を植えるだけの簡単な栽培方法です。
これならプランターも要りませんし、手間もかかりません。

これからの季節、家庭で作っている方は毎日たくさん収穫できますね。
ご近所さんや知り合いの方から夏野菜やトマトを頂くこともあり、
たくさんのトマトを食べきりたいです。
そこで、以前から試してみたいと思っていた干し野菜にチャレンジです。
まず、セミドライトマトにチャレンジです!!

セミドライトマトって?と思った方に少しだけ説明・・・
半干しにしたトマトのことで、主にお料理の調味料として使えて重宝します。
完全に乾燥したドライトマトというものもあり、
セミドライトマト同様市販もされています。
あまりそのまま食べることはないと思います。



では作り方に戻りますね。
まず、大きなトマトなら八等分くらいにし種を取り除きます。

プチトマトなら縦半分に切り、
はじめは切り口を下にして2時間くらい干します。


hosiyasai_01

トマトを裏返しにして、全体的にしんなり半干しくらいまで干します。
今の時期なら3時間くらいでしょうか。
虫が寄ってくるかもしれないので、私はザルをかぶせておきました。
 
hosiyasai_02
hosiyasai_03

今回はセミドライより少し生っぽいところで干しあげました。
干すことで甘みも増して、旨味も凝縮します。

水分が少なくなっているのでお料理の時短にもなりエコ。
パスタ料理やマリネにも使えてお料理の幅も広がります。

今日はこれを使って炊き込みピラフを作りました。
先日TV番組で紹介していたレシピですが・・・
(2人分の材料)
・お米2合
・干したセミドライトマト80g(私はトマト大2個分くらい入れました)
・オリーブオイル 小3くらい

・コンソメ 小2くらい

・こぶ茶 小1くらい
これを炊飯ジャーで炊くだけです。
仕上げにバジルを混ぜ込み、お好みで粉チーズをかけていただきます。
トマトの酸味は少なくて凝縮された分、甘味があり、
こぶ茶がかくし味になっていて、
塩も入れていないのにしっかりした味に仕上がりました。

hosiyasai_04

余ったセミドライトマトはオリーブオイルに漬け、
冷蔵庫に入れて1週間くらいで使い切るようにします。
ちなみに、オリーブオイルでもエクストラバージンオイルのほうがおすすめです。
味も香りもいいので、トマトをとりだした後のオイルは、
マリネやドレッシングとしてそのまま使えます。
hosiyasai_05

みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト
未分類 | 18:11:44 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。