スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
作ってみました、紫蘇ジュース
初夏になるとスーパーでワサッと売っている赤紫蘇。
大抵隣には梅の実も置いてあった為、「梅干つけるのか~、マメだなぁ」としか毎年感じていませんでした。
ふと健康診断の結果を知人と話しているうちに「貧血にいいらしいよ」という情報を得まして紫蘇ジュースなるものをネットで検索。皆さん甘味酸味はそれぞれですが、かなり簡単で楽しそうに自作しているようなのです。
これなら面倒くさがりの私でも飽きる前に完成するかもしれない…ということで作ってみることにしましょう。

材料
07201

赤紫蘇(葉の部分)500g
砂糖800g
水2L
クエン酸(私はレモン果汁も足してみました。酢を使う方もいるようです)25g

ガーゼ(キッチンペーパーでもうまく濾せそう)

はい、これだけ。
量はニュアンスです。砂糖1kgの人や500gの人もいるのでお好みで。
クエン酸はドラッグストアならどこででも置いてあると思います。


では作っていきますよ~。
沸騰したお湯に水洗いで汚れを落とした紫蘇の葉を放り込みます。
葉は色素が抜けて緑色になっていきます。
07207
お湯の色は薄黒。
…これは…美味しくなさそう。灰汁がでたらとってください。

5分ほど茹でてまるでほうれん草のようになった赤紫蘇を取り出します。紫蘇のクズはあとで濾すのできっちりすくわなくても大丈夫。
この汁に砂糖を投入。しっかり溶かしてからクエン酸も投入します。
入れたとたん黒い水が鮮やかな赤紫に!理科の実験のようでテンションが上がりますよ。
07202



色の変化がわかりにくいので少し取り出しました。

07204
投入前


07205
投入後(この色で着色料なし!)



あとはこれをガーゼで濾して終了です。
07203

ペットボトルなどで保管できますが、少量の焼酎などで消毒してからいれてください。



水や炭酸で割ったり、焼酎などにいれても美味しいです。
07206

今回砂糖を多めにしてシロップと言えるくらい濃くしたのでアイスやかき氷にかけても美味。
紫蘇の香りも思っていたより癖が無く飲みやすいです。2L作ったのにあっという間になくなってしまいました。冷蔵庫の中は既に第2弾がスタンバイ中です。

効能を調べてみると
・アレルギー症状の緩和や抑制
・ガン抑制
・精神安定作用
・食中毒予防など殺菌作用
・貧血予防
・食欲増進
・利尿作用
など、話にあがっていた貧血以外にもいろいろあったようです。
我が家の夏ドリンク定番になりそう。
世間話から派生した紫蘇ジュース作りでしたが、おもしろかったです。

お子様と一緒に作ってみても楽しんでもらえると思いますよ。
暑い夏を元気に乗り切りましょう!


スポンサーサイト
未分類 | 17:30:19 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。