スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
風が吹いても痛い…
こんにちは、安川です。
立秋を迎え、昨日はほんのすこーしだけ涼しく感じた…気がします。
しかしまだ8月。
中藤島地区の子供たちは「秋なんか来させない!」の勢いで夏休みを満喫しているのでしょうか?

そんな元気な子供たちには当分縁がないであろう病気のお話。

痛風(つうふう)」です。

これだけ医学が発達してきたのにまだ解明していない点が多いという痛風。
まず発症している90%以上は男性という不思議。
発作中はほぼ足(指)がものすごく腫れる。
「骨折の痛み」に近いほど苦しいのに「痛風になっちゃってさ」と切り出すと笑われる事が多い。

かくいう私も女性でありまして、この病気には全く関心がなかったのですが、
家族に痛風の症状がでて初めていろいろ調べてみることになりました。

よく「贅沢病だ」と表現されています。
痛風の原因は血液中の尿酸値というものが高いこと。
その尿酸値が高くなるプリン体が多い食事がなんだかリッチな印象なのでしょうか。
・ビール
・魚卵(イクラやたらこ)
・内臓(ホルモン・肝臓など)
・青魚(鯖・鰯・秋刀魚など…)
・加糖ジュース
などがわかりやすい食べ物です。

我が家の場合、正直贅沢とは言えない質素な食生活の為、「あれくらいでも発症してしまうの?」と驚きましたが
血液検査をしたらコレステロールなどの血中脂質は低く、尿酸値だけが高かった。どうやら遺伝子や体質も関係している様子。

そもそも体内で何がおきているかというと
「尿酸が血液中で結晶化」…「結晶が神経を刺激」…「結晶は重力で下に行く(足が痛くなる)」だそう。
…なんだか足が痛い気がしてきました。

発症してしまったらとにかくお医者さんへ。
予備軍の人たちは普段の食生活で体質改善していくようにするのがよいですね。
上にあげた食品は控えめに。
もちろんそれぞれ栄養がありますし、完全に禁止してしまうと逆にストレスを感じてしまうかも。
秋に秋刀魚が食べられない、なんてちょっと寂しいですものね。
我が家では仕事などで体が疲れきっていない時に食べるようにしています。
利尿作用を促すように、水分を多く取ることも大事。間違ってもビールで水分補給はしないように!
民間療法といわれるたまねぎスライスも初期症状や前兆(なんだかチクチクムズムズするらしい)の時によく効きました。

話のネタになっているうちはよいですが(本人は笑えない)、腎臓結石など別の病気にも関わってくるそうで、やはり食事と定期的な健康診断は重要、ということですね。

夏休み中のお子様方も甘いジュース飲み過ぎてはいけませんよ~。


スポンサーサイト
未分類 | 16:20:30 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。