スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
普段食べてもおいしい!防災食
bousai01

こんにちは。安川です。

防災週間です。
増えてきた各地の地震。そこから派生する津波。毎年恒例の大型台風。ゲリラ豪雨・竜巻。
先日もまた東北で大きな地震がありました。
福井は幸い被害が少ないですが、油断しているときに限って起きるのが災害というもの。
年に一度対策や意識の確認をするきっかけになる週間です。


今回はグッズの一つ。食べ物について。
防災メニューというとおいしくないという印象はありませんか?
日持ちの方に重視すると水分が少なかったり、味が素っ気なかったり…など。
先日東北にお住まいの方のブログで
「常備していた乾パンを食べていたが、被災している実感が高まってしまい、怖くて段々食べられなくなった」というのを読みました。
復旧にどのくらいかかるのか分からない中、命をつなぐ食事でさえ不安要素の一つになってしまうんですね。贅沢なのかもしれません。けれど、私はなるほど、と思いました。
調べてみたところ、阪神・淡路大震災以降、続く大地震をうけて、防災食品の品数は多くなっているようです。

今回はその中でもこのあたりのスーパーでも手に入るスタンダードな4つを選んでみました。

bousai02

まずは定番の乾パン。適度な塩気がいい感じ。おつまみにもなりそう…
おいしいのでスナック感覚で食べているとあっという間にお腹が膨れます。
ものすごく満腹感と腹持ちがいいです。


甘味も大事。
キャラメルやコアラのマーチビスケット(チョコが入っている定番のアレとは違います)は、お子さんも喜んでくれそうですね。



bousai03
羊羹も美味しそう。
中身も撮影予定でしたが、乾パンを普通に食べてお腹が膨れてしまったため、断念します。
外装の箱の点字が分かりますか?細かい配慮ですね。

bousai04
それぞれ容器の後ろには災害伝言サービスの説明などが掲載されています。
このサービスの体験ができる日があるんですって。恥ずかしながら初めて知りました。

体験利用提供日毎月1日,15日 00:00~24:00
 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)
提供条件
 蓄積伝言数:10伝言
 伝言録音時間:30秒
 伝言保存期間:6時間
   注1災害が発生した際には体験利用ができない場合があります。
   注2体験利用の開始時間は運用の都合で早まることがあります。
   注3体験利用時においても災害運用時と同様に、発信されるお客様から伝言の録音または再生する電話番号までの通話料(通常、電話をおかけになる場合と同様の料金)がかかります。


知っていても実際使用したことはないので、実際被災したときに慌てないように体験しておくのもよいですね。


今回は紹介できませんでしたが、ボローニャさんからは乾パンならぬ「缶パン」がでており、結構美味しいとのこと。
他にもご飯やパスタなどいろいろあるようです。
これらの防災食品、昔よりも確実に味が良くなっており、また容器の成型技術も発達しているので保存期間も長くなり、3年4年は当たり前。中には5年以上保つ食品も少なくありません。

この防災の日を機に記憶に新しい大地震やこれから起こるかもしれない自然災害を思い直し、家族と防災について話し合ってはいかがでしょうか。
地域別のハザードマップ(避難場所・危険な場所を行政が調べたもの)や
防災に関する伝言ダイヤルなどの行政サービスなど、いろいろ活用したいところです。


スポンサーサイト
未分類 | 18:48:15 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。