スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
歴史の残る町内
高木町から中藤小学校に向かってぶらぶらお散歩。
歩道がなくて道幅も少し狭い道路なので、
自動車と歩行者には少し注意が必要な道です。

そこから少し大きな道幅に広がる境目、
交差点とは言えませんが、歩行者しか通れないほどの道が交差する所に、
「耕地整理竣工記念碑」と書かれた大きな石碑があります。

せきひ01 せきひ05

石碑の裏側には、
高木地籍の面積と換地処分したことや、
大正3年からの歴代組合長の名前などが刻まれ、
昭和30年3月にこの碑が建立されたことが書かれてありました。
なんだか理解するのが難しいですよね。

おそらくこの周辺は昔、宅地や田畑が複雑な土地の形状になっており、
それを何年もかけて区画整理を行ったことの記念に建てられたものなのでしょう。

区画整理よって、複雑に入りくんだ土地や田畑の形状が長方形になり、
水田には用水路や排水路がそれぞれ平等につき、
農業がとてもやりやすくなったのでしょうね。

そこからぶらぶら歩いていると、農地だった名残でしょうか?
住宅地ですが、このような歩行者しか通れないほどの道に何通りか出会いました。
せきひ02 せきひ03

この石碑に沿った道は、歩行者しか通れないほどの道幅で、
ちょうどよい散歩コース、紫陽花も花をつけていて季節感も味わえましたよ。

せきひ04

今日は雨あがりで特に気持ちが良かったです。
歴史を散策・・・まだまだいろんな場所が発見できそうです。
スポンサーサイト


未分類 | 18:17:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。